課長職にマネジメントの革新を!
RSS

経営者の決断

経営者の決断の最新記事一覧

  • 松下幸之助は、なぜフィリップス社を選んだのか

    (2012年10月24日更新)

    オランダのフィリップス社との技術提携で、業界首位に立った“経営の神様”松下幸之助。企業DNAを信じて共存共栄の道を目指した、その決断の背景に迫る第2回。

    続きを読む

  • 松下幸之助、業界首位を呼び込んだ外国企業からの技術導入

    (2012年10月 5日更新)

    オランダのフィリップス社との技術提携で、業界首位に立った“経営の神様”松下幸之助。企業DNAを信じて共存共栄の道を目指した、その決断の背景に迫る。

    続きを読む

  • 大原孫三郎、回心がもたらした大転換

    (2012年9月18日更新)

    地方の名望家・実業家として紡績・銀行・電力といった事業を育てつつ、全国に例を見ない社会福祉事業を推進した大原孫三郎。鬼気迫る社会事業への真意とは? 回心がもたらした大転換の真相に迫る第2回。

    続きを読む

  • 大原孫三郎、鬼気迫る社会福祉事業の推進

    (2012年9月 7日更新)

    地方の名望家・実業家として紡績・銀行・電力といった事業を育てつつ、全国に例を見ない社会福祉事業を推進した大原孫三郎。鬼気迫る社会事業への真意とは? 回心がもたらした大転換の真相に迫る。

    続きを読む

  • 武藤山治、「温情主義経営」の信念とは

    (2012年8月21日更新)

    “女工哀史”の時代にあって、その職場を“天国”に変えた「温情主義経営」の信念とは?傾いていた紡績会社を活性化し、のち社会正義の実践のため政治家に転身、闘うヒューマニストとして最後は凶弾に斃れた武藤山治の純粋なまでの経営手法の背景に迫る第2回。

    続きを読む

  • 武藤山治、「女工哀史」の職場を「天国」に変える

    (2012年8月13日更新)

    “女工哀史”の時代にあって、その職場を“天国”に変えた「温情主義経営」の信念とは?傾いていた紡績会社を活性化し、のち社会正義の実践のため政治家に転身、闘うヒューマニストとして最後は凶弾に斃れた武藤山治の純粋なまでの経営手法の背景に迫る。

    続きを読む

  • 出光佐三、信念の経営者

    (2012年7月23日更新)

    出光興産の創業者・出光佐三は「人間尊重」の信念を生涯守り続けている。戦後にあっては、多くの企業が人員整理に走るなか、その場しのぎの苦しい事業運営でなんとか雇用を守り続けた。また、自社タンカー日章丸でイラン石油を直接運んだ日章丸事件も、つとに有名である。出光佐三の「信念の経営」、その軌跡をたどる。

    続きを読む

  • 出光佐三、貫き通した人間尊重の経営

    (2012年7月 5日更新)

    終戦直後、多くの有力な企業が生き残りのために人員整理に走る中、出光佐三は社是として掲げていた「人間尊重」の方針を曲げることはなかった。幾度もの苦難を、努力と人間愛で乗り切った出光佐三の決断の背景に迫る。

    続きを読む

  • 中島知久平、天分を国事に生かす

    (2012年6月27日更新)

    軍人から飛行機王、そして大臣へ。、軍人、企業家、政治家という転身は、明日の国事のために自分をもっとも生かすという愛国心に貫かれていた。自分の天分を国事に生かした烈士・中島知久平の決断の背景に迫る最終回。

    続きを読む

  • 中島知久平、民間企業による飛行機製造を志す

    (2012年6月22日更新)

    将来の約束された地位を捨て、民間企業による飛行機製造を志した中島知久平。中島が決意した最大の理由は、生産性の高さでした。烈士・中島知久平の決断の背景に迫る第3回。

    続きを読む

  • 中島知久平、決断力と勇気

    (2012年6月14日更新)

    軍人-飛行機王-大臣。このキャリアは、何を以て貫かれていたのであろうか。自分の天分を国事に生かした烈士・中島知久平の決断の背景に迫る第2回。

    続きを読む

  • 中島知久平、気宇壮大な企業家の心意気

    (2012年6月 4日更新)

    昭和十六(一九四一)年四月、中島飛行機の太田飛行場では技術者たちが四発エンジン機の開発に苦慮していた。折しも東京から大社長(社長は実弟が務め、通称このように呼ばれていた)である中島知久平が見分に訪れ、その前でさまざまな試験が行なわれた。

    続きを読む