課長職にマネジメントの革新を!
RSS

山本七平が語る『貞観政要』にみるリーダーの条件

山本七平が語る『貞観政要』にみるリーダーの条件

(2015年5月15日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
リーダーの条件として「人徳」は不可欠の要素といえるでしょうが、では何をもって「徳」とするのでしょうか。
 
山本七平氏(評論家、山本書店店主)の名著『新版・指導者の帝王学』から『貞観政要』に登場するリーダーの条件をご紹介します。
 
*  *  *
 
何をもって「徳」とするかという問題がしばしば話題になる。徳のある人に天命が下り、その人物がリーダーになるともいわれる。「徳」とはいったい何をいうのか。
企業の経営者と話をしていると、「それは人望だ」とよく言われる。では、人望とはどういうもので、どうすれば人望を得ることができるのかを尋ねると、「人徳がないと駄目だ」と言う。さらに、人徳とは何かときくと、「人徳は人徳だよ」と堂々巡りのような答えになって、それから先に話が進まなくなる。
しかし、われわれは、人徳がない人間はリーダーになれないし、天命も下らないという概念を伝統的にもっている。逆にいえば、リーダーにはこの「人徳」を期待している。
「人徳」の定義で有名なのは、舜帝の臣、皐陶が、舜帝の前で語った「九徳」といわれる9つの徳目である。その徳目とは、
 
 寛にして栗(寛大だが締まりがある)
 柔にして立(柔和だが事が処理できる)
 愿にして恭(真面目だが丁寧でつっけんどんでない)
 乱にして敬(事を収める能力があるが慎み深い)
 擾にして毅(おとなしいが内が強い)
 直にして温(正直、率直だが温和)
 簡にして廉(おおまかだがしっかりしている)
 剛にして塞(剛健だが内も充実)
 彊にして義(豪勇だが正しい)
 
の9つである。これは、『貞観政要』にも朱子の「近思録」にも登場する。
これを読んでみても、たいそうなことが書いてあるわけではない。「大したことはないな」と思われる人もいるだろう。
儒教の教え方は、「~であるなかれ」ではなく、常に「~であれ」という言い方をする。儒教の影響を強く受けている「教育勅語」のなかにも一言として、「~であるなかれ」という言葉は出てこない。すべて「~であれ」という言い方になっている。
ところが、ヨーロッパの伝統はこの逆であり、『旧約聖書』は常に「~するなかれ」というかたちになっている。大脳生理学の研究者にきいてみると、記憶に強く残るのは、「~であるなかれ」のほうだそうである。
ここで「九徳」を逆に考えてみたい。「九徳」は相反する言葉が対になっているので、これを全部否定にして「不徳」に書き換えると、「十八不徳」ができる。「十八不徳」の人間はつまり、徳のない典型的な人間ということになる。列挙してみると、
 
 「寛にして栗」の逆は、「こせこせとうるさいくせに、締まりがない」
 「柔にして立」の逆は、「刺々しいくせに、事が処理できない」
 「愿にして恭」の逆は、「不真面目なくせに尊大で、つっけんどんである」
 「乱にして敬」の逆は、「事を収める能力がないくせに、態度だけは居丈高である」
 「擾にして毅」の逆は、「粗暴なくせに気が弱い」
 「直にして温」の逆は、「率直にものを言わないくせに、内心は冷酷である」
 「簡にして廉」の逆は、「何もかも干渉するくせに、全体がつかめない」
 「剛にして塞」の逆は、「見たところ弱々しく、内も空っぽである」
 「彊にして義」の逆は、「気が小さいくせに、こそこそと悪事を働く」
 
となる。「不徳の致すところ」という言い回しがあるが、この「十八不徳」がまさにそれである。
「十八不徳」をもつリーダーの下で働きたい人がいるかといえば、だれもいないのが当然である。これは日本だけかと思い、海外協力センターで日本で仕事をしたいという人に、日本の事情を話す機会をもったとき、「日本では九徳という概念があり、それを裏返した十八不徳のリーダーの下では、絶対に人は働かない」と話した。ところが、彼らに「それはどこの国でも同じであって、そういうリーダーの下だったら、働きたいと思う人はいませんよ」と教えられた。
したがって、これは古い言葉であるが、20世紀の現代においてもいささかも古びていないのである。しかも、儒教文化と全然関係のないヨーロッパ人にも通用してしまうところが面白い。つまり、こういう人間は、世界中どこの国に行っても、リーダーになるのは絶対に無理ということだ。
生まれながらにして「九徳」すべてを備えているような、完璧な人間などいるはずがない。『論語』のなかには「有教無類」という考え方があり、人間には生まれながらにして類別があるのではなく、教えがあるかないかだけだといっている。その教えが今日はいったいどのくらい実践できたか、自己評価をしていく。それが修養であるといった。つまり、生まれながらにはもっていない「九徳」を、いかにして獲得するか。そして、「九徳」に一歩でも近づくように修養するのが、リーダーの務めということになるのだろう。
 
 

 
指導者の帝王学
 
 
どうすれば人は動くのか? 織田信長、上杉鷹山、孟子などから指導者としての見識や経営の要諦を明かす。山本日本学の名著を復刊。
 
 
【著者】山本七平(やまもと・しちへい)
1921(大正10)年、東京に生まれる。1942(昭和17)年、青山学院高等商業学部を卒業。1958(昭和33)年、山本書店を創立。山本書店店主として、おもに聖書関係の出版物の刊行を続けるかたわら、評論家としても活躍。その日本文化と社会を分析する独自の論考は「山本学」と称される。1991(平成3)年、永眠。
著書に、『私の中の日本軍』『「空気」の研究』『「あたりまえ」の研究』『存亡の条件』『「常識」の研究』『「常識」の落とし穴』『日本資本主義の精神』『論語の読み方』『昭和天皇の研究』『勤勉の哲学』『日本的革命の哲学』『日本人とは何か。』『帝王学』『日本はなぜ敗れるのか』など多数。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ