階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

集合研修/オンライン研修

部長研修 部長力強化コース(2日) - プログラム

「部門管理者」から「部門経営者」へ

プログラム

PHPゼミナール「部長研修」は、部門経営者として自らの意思と創意工夫で変革・創造をやりぬく部長を育てます。

部長研修のコンセプト

部門経営者としての目的・視点・発想

1.維持・向上から変革・創造へ
変化が常態化した経営環境のもと、今、部長職に求められているのは「変革のリーダーシップ」を発揮し、市場(顧客)に対して新しい価値を提供すること。本コースでは「変革をやり抜くための5つのステップ」を学び、人と組織を動かす巻き込み力を強化します。

2.部分最適から全体最適へ
部長は、経営理念やトップ方針を理解して実践すると同時に、全社目標の一部を分担し、その達成責任の一端を負う立場とも言えます。本コースでは、部長職として果たすべき役割を学び、部分最適から全体最適へと視点を引き上げます。

3.二人称発想から一人称発想へ
「部下が~」「市況が~」「業界が~」という二人称発想では、将来に向けたイノベーションをもたらすことはできません。“責任はすべて我にあり”の自覚をもつことの重要性を理解していただきます。

PHPオンライン研修の特徴はこちら

事前課題

【集合研修】
自己アセスメントシートの記入
※セミナー開催前に、担当窓口の方にお届けします。

【オンライン研修】
(1)動画視聴による事前学習
ガイダンス(本講座の目的と全体像)/PHP研究所創設者・松下幸之助について/環境変化と、それへの対応の仕方/現状を認識する/事前課題の説明
(2)部門の現状の整理


各会場で開催する「集合研修」の場合、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からご帰宅時にラッシュ時間帯になるのを避けるため、各日の終了時間を16:30といたします。「オンライン開催」の場合は、終了時間が17:30になります。あらかじめご了承ください。

研修1日目

9:30
●開講
アイスブレイク/オリエンテーション/グループ内自己紹介

10:00
●部長職のあなたに求められていること
 「部門経営職の果たすべき責任・役割」
・部長職が果たすべき役割と機能
・部長職の職責を果たすために必要な力

部長研修研修風景

12:45
●部門経営を実現する『マネジメント力』
 「人と組織の力を引き出す考え方と手法」
・マネジメントとは
・経営とは/DVD事例
・実習――自部門のミッション・ビジョンの発表
・人が育つ組織風土づくり
・企業の社会的責任

16:30
●スクランブル・ミーティング(集合研修のみ実施)

17:45 懇親会
(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、懇親会は当面の間、開催を見合わせております)
懇親会では、講師や受講生と膝を交えて部長職ならではの悩みや本音を共有でき、問題解決のヒントを得ることができます。
※オンライン開催の場合、懇親会は実施しません

異業種交流を深める懇親会

19:45
1日目終了
※昼食休憩45分


研修2日目

9:30
●部門経営を強化する『変革のリーダーシップ』
 「人と組織を動かす巻き込み力の源泉」
・変革をやり抜く5つのステップ/DVD事例
・リーダーシップの源泉
・変革のリーダーシップ十カ条

12:45
●部門経営を支える『人間力』
 「人と組織を惹きつける人徳と熱意」
・自身の『人間力』チェック
・『人間力』の構成要素は「人徳」と「熱意」
・リーダーの条件/DVD事例

●2日間のまとめと決意表明

17:30
閉講
※昼食休憩45分

事後課題

(1)研修で設定した課題の職場実践
(2)集合研修のみ:課題図書『道は無限にある』(松下幸之助 著)の読了
※課題図書は受講最終日にご参加者へお渡しいたします。

研修後、ご活用企業様へお届けする資料

・担当講師からの全体所感 ほか


期待効果

部長研修の目標

◎自らの責任で課題を達成しようという自主責任意識が高まる
◎部門のミッション・ビジョンを掲げることで、人や組織を巻き込む力が強化される
◎多長根(多面的・長期的・根本的)の視点で、ものごとを深く考えるようになる


開催日程・お申し込みはこちら

もっと詳しい資料請求はこちら
(PDFダウンロード)

法人限定!
じっさいに聴講したい方はこちら

担当講師

愛知輝義|研修講師

愛知輝義

対話と内省を通じて、「部門経営者」に必要な大局観を醸成していただきます。

<担当講師陣>松村二郎・芦刈法明・広崎仁一 他