階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

若手社員研修 仕事力アップコース

「知っている・わかっている」から「できる」へ

若手社員研修 仕事力アップコース|公開セミナー・講座

実施要項

セミナー種類
公開セミナー
対象
若手社員の方々
定員
18名(1開催1社5名様まで)
期間
日帰り2日間
総学習時間
14.5時間
税込受講料
60,500円(本体55,000円)

※1 昼食、資料代含む
※2 「社員研修VA+」会員受講料は10%割引となります
※3 テキストとして使用する『[新版]仕事の基本とビジネスマナー』をご持参の場合、テキスト代を差し引いた受講料となりますので、お申込み前にお問い合わせフォームからご連絡ください

会場
〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)

パンフレットを見る

研修のねらい

入社2~3年目を対象とした公開型の研修講座。若手社員の仕事力を高めるにはどうすればよいか。現状を打破し、自ら成長するための考え方や、コミュニケーションのスキルを学びあいます。

若手社員の現状


入社2年目、3年目ともなると、職場や仕事に慣れてくる反面、多少なりともマンネリ傾向が出てくるものです。ほんとうは、仕事の基礎スキルを固め、さらなる成長の土台をつくるべき大切な時期に、これでは本人にとっても会社にとってもマイナスです。

若手社員ともなれば、「知っている」「わかっている」ことが増え、自分で判断し行動する機会が増えます。しかし、「知っている」「わかっている」からといって成果があがるとはかぎりません。入社2~3年目の時期は、頭で理解している実務の基本を繰り返し、「できる」状態に高め、成果と成長を振り返ることで、仕事力を底上げすることが大切です。
本研修では、まず自身の「現状」を振り返り、業務遂行上の課題を認識してもらいます。
「あるべき姿」のギャップを認識することで、成長への意欲を高めます。

成果と成長


ここで大切なことは「主体性」です。具体的には「他責思考」を「自責思考」に変えるとことです。職務権限が大きくない若手社員は、うまくいかないことを職場や上司、環境などのせいにしがちです。しかし、それでは進歩も成長も止まり、不安や不満がつのれば、早期離職にもつながりかねません。「責任はわれにあり」という「自責思考」にどうマインドチェンジするか。これこそが本研修の大きなテーマなのです。
そのうえで、周囲を動かす「提案」へとつなげる報連相やコミュニケーションのスキル、を演習しますので、2日間の研修終了後、仕事に対する自信と主体性が格段に高まります。

仕事のスタンス


若手社員の成長は、それを見て育つ新入社員の育成にも良い影響を与え、職場の活性化にもつながります。ぜひ貴社の若手社員教育にご活用ください。

もっと詳しい資料請求はこちら
(PDFダウンロード)

法人限定!
じっさいに聴講したい方はこちら

開催日程・お申込みはこちら