階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

部長・課長のための 人間力強化研修

人と組織を惹きつけ動かす力

部長・課長のための 人間力強化研修|公開セミナー・講座

実施要項

セミナー種類
公開セミナー
対象
部長職・課長職の方々
定員
18名(1開催1社5名様まで)
期間
日帰り2日間
総学習時間
14.5時間
税込受講料
88,000円(本体80,000円)

※1 昼食・懇親会費用、資料代含む
(新型コロナウイルス感染防止のため、懇親会は当面の間、開催を見合わせております)
※2 「社員研修VA+」会員受講料は10%割引となります

会場
〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)

パンフレットを見る

研修のねらい

管理職(部長・課長)を対象とした公開型の研修セミナー。部門経営者として人と組織を動かし、継続して成果を上げるために必要な「人間力(人徳・熱意)」を高める方策を、異業種交流のなかから学び合います。

部長・課長のための人間力強化研修のねらい


部門経営を推進するためには、部長・課長一人の力では限界があります。すべてのメンバーが参画する「全員経営」でなければ、大きな成果を上げることはできません。では、どうすれば人や組織を惹きつけ動かすことができるのでしょうか。
その原動力になるのが「人間力」です。
PHPゼミナールでは「人間力」を「人や組織を惹きつけ動かす、対人影響力や行動力、発想力の総称」と定義しています。「人間力」は、その人の考え方・生き方など「人としてのあり方」であり、戦略の立案や戦術の実行、日々のマネジメントの基盤になるものです。
本研修では、「人間力」の構成要素を「人徳」と「熱意」とし、それを強化するにはどのような取組みが必要になるのかを考え合います。

「人徳」

松下幸之助は、「人徳」について次のように述べています。

人間が人間を動かすのは、実際はなかなか容易なことではないのです。もちろん命令で動かすことはできますよ。たとえば、会社であれば、社長の命令、部長の命令といえばたいていの人はやるでしょうな。しかし、もしいやいややるのであれば何ごとでもうまくいくはずはありません。いつか破綻がきます。(中略)人から慕われる徳があってこそ、その人のもつさまざまな力が十分に生き、人も喜んで動いてくれるということではないでしょうか

今日、働く人の価値観が多様化するなかにあって、役職や能力だけでは、部下は信頼してついていこうと思いません。「あの人が言うなら」「あの人のためなら」という内発的な動機で人を動かすための「人徳」は、リーダーにとって決定的に重要な要素といえます。

「熱意」

もう一つの構成要素である「熱意」については、多くの名経営者や有識者が異口同音に、「リーダーの熱意が人の心に火をつけ、組織を動かすエネルギーとなる」と述べています。松下幸之助にも「指導者は、こと熱意に関してはだれにも負けないものをもたなくてはならない」(『指導者の条件』PHP研究所)という言葉があります。

部長・課長のための人間力強化研修のねらい


本研修では、自らの「行動」「能力」「信念、価値観、あり方」を振り返ります。そして、講師や異業種の参加者と討議を重ね、「お客様や部下や関係者を大切にする」「相手の立場に立って考える」といった「人間力を高めるための課題」を明確にし、職場での実践目標として発表してもらいます。自分自身の課題を認識することにより、受講者の態度行動がかわり、「人間力」が開発されていくのです。

「人間力」はリーダーシップの基盤です。本研修を貴社の課長・部長職の育成に、ぜひご活用ください。

[ご参加者の役職名]
部長、副部長、グループマネージャー、次長、課長、マネージャー、支店長、所長

もっと詳しい資料請求はこちら
(PDFダウンロード)

法人限定!
じっさいに聴講したい方はこちら

開催日程・お申込みはこちら