階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

中原淳監修フィードバック研修・DVD 教材・通信教育・eラーニングのご紹介

2021年8月16日更新

中原淳監修フィードバック研修・DVD 教材・通信教育・eラーニングのご紹介

耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術――「フィードバック」は、中原淳氏(立教大学 経営学部 教授)が提唱する、まったく新しい人材育成法です。PHP研究所では、この人材育成法をもとに、企業研修プログラム(講師派遣セミナー・公開セミナー)と社員研修DVD(動画教材)、eラーニング(オンライン教材)、通信教育を開発しました。部下と職場を立て直す「フィードバック」を社内に浸透させる一助として、ぜひご活用ください。

INDEX

中原淳氏が提唱する「フィードバック」とは?

「フィードバック」とは、耳の痛いことを部下にしっかりと伝え、彼らの成長を立て直す人材育成法です。中原淳氏が提唱し、部下育成を支える基礎理論として注目を集める「フィードバック」ですが、具体的には、次の2つの働きかけを通して、問題を抱えた部下や、能力・成果の上がらない部下の成長を促進することを目指します。

フィードバックの2つの働きかけ

1.情報通知
たとえ耳の痛いことであっても、部下のパフォーマンス等に対して情報や結果をちゃんと通知すること(現状を把握し、向き合うことの支援)

2.立て直し
部下が自己のパフォーマンス等を認識し、自らの業務や行動を振り返り、今後の行動計画をたてる支援を行うこと(振り返りと、アクションプランづくりの支援)

今なぜ「フィードバック」なのか?

今なぜ、「フィードバック」が注目を集めているのでしょうか。
そこには3つの理由があります。第一の理由としてあげられるのが、成果の上がらない部下をどのように立て直していくかというニーズが、一個人の問題を越えて組織全体の問題として、あるいは日本全体を覆い尽くす問題として高まってきていること。第二の理由は、「年上の部下」に代表される、職場の多様な人材に悩まされているマネジャーが増えているということ。第三の理由は、ハラスメントに対する意識が過剰に高まり、「部下を傷つけるかもしれないことを、どこまで言っていいのか」という懸念がマネジャーの間に広まっていることです。
また、リモートワークが広まるにつれ、メンバーが仕事をしている様子・プロセスが見えにくい状況下で指導育成を行う必要に迫られ、その難しさを感じているマネジャーも少なくないでしょう。こうした状況は、皆さんも職場で日常的に感じ、あるいは見聞きしておられるのではないでしょうか。

部下育成では、ときには耳の痛いことをしっかりと伝える必要があります。そのうえで、立て直し、学び直しにいかに寄り添うかが問われます。このとき重要になってくるのが「フィードバック」という育成法です。
この「フィードバック」こそ、部下育成において必要性が高いにもかかわらず、現代日本企業のマネジャーが苦手としている技術であるといえるでしょう。

中原淳氏プロフィール

中原 淳(なかはら・じゅん)

中原淳

立教大学 経営学部 教授(人材開発・組織開発)。立教大学大学院リーダーシップ開発コース主査、立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所副所長などを兼任。博士(人間科学)。
北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授などをへて、2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。
民間企業の人材育成を研究活動の中心におきつつも、近年は、横浜市教育委員会との共同研究など、公共領域の人材育成についても、活動を広げている。一般社団法人 経営学習研究所 代表理事、特定非営利活動法人 Educe Technologies副代表理事、認定特定非営利活動法人カタリバ 理事。認定特定非営利活動法人フローレンス 理事。
著書は、『職場学習論』『経営学習論』『人材開発研究大全』(以上、東京大学出版会)、『研修開発入門』『研修開発入門「研修転移」の理論と実践』(共著)、『組織開発の探究』(共著)、『女性の視点で見直す人材育成』(共著)(以上、ダイヤモンド社)、『駆け出しマネジャーの成長論』(中央公論新社)、『残業学』(共著、光文社)、『フィードバック入門』『実践! フィードバック』(以上、PHP研究所)など多数。

中原淳氏が語る「フィードバック入門」(動画)

研修版「フィードバック」

中原淳氏とPHP研究所が共同開発した企業研修プログラムは、「フィードバック」の意味を正しく理解すると同時に、部下との良好な関係を維持しつつ、言うべきことを言う、叱るべきことを叱る手法(スキル)を学ぶことをねらいとして、カリキュラムを構成しました。貴社のリーダー研修としてご検討ください。

講師派遣セミナー「フィードバック入門コース」

研修版フィードバック

中原淳氏の提唱する「フィードバック」をコンパクトに学ぶ1日プログラムです。言うべきことを言い、叱るべきことを叱りつつ、上司-部下の信頼関係を強固にするための考え方と手法を、ロールプレイをまじえて実践的に学びます。

実施概要

■形態:集合研修(1日間)
■対象:管理監督者の方がた
■会場:貴社ご指定会場
■費用(税込):プログラムや受講人数により変動いたします。詳しくはお問い合わせください。
■講師:PHPゼミナール専任講師

研修プログラムのダウンロード

お問い合わせはこちら

公開セミナー「フィードバック実践研修」

「フィードバックスキル」を、職場の具体的な課題解決にどう活かすか、実践的な見地から学ぶ2日間コース。「人を育てる人」になるための、部下に対する肯定的な人間観や、信頼関係の重要性をしっかりと理解していただき、演習を通じてフィードバックのスキルを習得します。部下とチームの成長、そして会社としての業績伸長を目指す管理・監督者の方がたにおススメです。

実施概要

■形態:公開セミナー(2日間)
■対象:管理・監督職、部下(後輩)を指導する立場の方
■定員:1開催につき18名(1開催1社5名様まで)
■受講料:88,000円(税込、昼食、資料代含む)
■会場:弊社会場(東京・京都)

開催日程とお申込みはこちら

公開セミナー「フィードバック入門研修」(オンライン限定1日セミナー)

「フィードバック」を学ぶオンライン版の1日研修です。基礎理論と基本プロセスを、事前学習とオンラインセミナーでしっかりと学び、実践的なスキルを演習で身につけていただきます。

実施概要

■形態:公開セミナー(オンライン開催・1日)
■対象:人事教育ご担当者、管理監督者の方々
■定員:1開催につき25名(1開催1社5名様まで)
■受講料:49,500円(税込)

開催日程とお申込みはこちら

研修用DVD「フィードバック」(動画教材)

フィードバック研修の内製化に役立つ社員研修用DVD(動教材)です。 ケースドラマと監修の中原淳氏の解説で実践的に学ぶことができます。

DVD『ケースで学ぶ 実践!フィードバック』

部下指導の現場でありがちなケースをもとにして、「フィードバック」の進め方を実践的に学びます。管理監督者が悩みがちな「評価面談でのフィードバック」のケースドラマも収録。さまざまなケースで学びたいという場合におすすめです。

商品概要

DVD『ケースで学ぶ 実践!フィードバック』

[価格]66,000円(税込)
[構成]DVD1枚(約86分)・活用の手引き
[監修]中原淳(立教大学 経営学部 教授)
[収録ケース]「納得いかない」と反論された/指摘したらすねてしまった/モチベーションが低い年上部下/「お友だち感覚」の部下/うまく変われない部下

詳しい内容とご注文はこちら

DVD『フィードバック入門』

「フィードバック」の理論を学び、ケースドラマで身につける入門編。職場で部下が学びにくくなっている原因を明らかにし、6つのケースドラマにもとづいて具体的な進め方を学べます。初めて「フィードバック」に取り組むための教材としておススメです。

商品概要

DVD『フィードバック入門』

[価格]66,000円(税込)
[構成]DVD1枚(約120分)・活用の手引き
[監修]中原淳(立教大学 経営学部 教授)
[収録ケース]すぐに他人を批判する部下/責任逃れをする部下/話を聞き入れない部下/リアクションがない部下/過去を捨てられない年上部下/チャレンジをしない部下

詳しい内容とご注文はこちら

動画データのご利用について

DVD教材を購入いただいた場合、ご希望によって、イントラネット等での配信に対応した動画データの提供を承ります。
[ご利用料金]DVDの販売価格+動画データ利用料(30~40万円程度・年間)
[納品形式]wmv または mp4
※ご希望の方は、お申し込みの際に備考欄にお書き添えいただくか、問い合わせフォームからご連絡ください。弊社から折り返しご連絡申し上げます。
※動画データの利用は1年間となります。1年間を超えて動画データを利用される場合は、更新手続きが必要です。お手数ですが弊社までお申し出ください。
※ご提供した動画データの配信は、一法人内のみとさせていただきます。

eラーニング『実践!フィードバックコース』

「フィードバック」をオンラインで学ぶeラーニングコースです。中原氏の解説動画とケースドラマを通して「フィードバック」の基本や実践的な方法論を身に付けることができます。テレワークでの取り組み方など、現場の課題に対応しています。

特徴

1)わかりやすいチャートを用いた中原淳氏の解説動画で、短時間で学習ができます。
2)PCはもちろん、スマホ、タブレットでの学習が可能なので、いつでもどこでも効率的に学べます。
3)ケースドラマの視聴により、具体的に学ぶことができます。
4)受講者をWeb上でフォローする学習管理機能(LMS)付き。

コース概要

[受講対象]マネジャー(リーダー候補者~部長クラス)
[標準学習時間]6時間
[サービス期間]2カ月
[受講料]お一人6,600円(税込)
[監修]中原 淳(立教大学 経営学部 教授)

詳しい内容とお申し込みはこちら

学習プログラムの資料ダウンロードはこちら

通信教育『フィードバック入門』

「フィードバック」を学ぶ、マネジャー向けの通信教育講座です。基礎理論からマネジャーの心構えまで、これからマネジャーになる人にも理解できるよう、ていねいに解説。実際に起こっている9つの事例をもとにしたドラマを通して実践的に学習できます。職場全体に視野を広げ、前向きに問題解決に取り組む姿勢が身につく内容です。

コース概要

通信教育『フィードバック入門』

[受講対象]マネジャー(リーダー候補者~部長クラス)
[受講期間]2カ月
[教材構成]テキスト2冊
[添削]インターネット添削2回
[特別受講料]お一人13,200円(税込)
[監修]中原 淳(立教大学 経営学部 教授)

詳しい内容とお申込みはこちら

テキスト抜粋版のお取り寄せ(無料)はこちら

ダウンロード資料「PHPフィードバックカンファレンス」レポート

PHP研究所では、2019年9月、企業・団体で人材育成に取り組む人事ご担当者200名に参加いただき「PHPフィードバックカンファレンス」を開催しました。中原淳氏の基調講演や、企業の実践事例を資料にまとめましたので、ご利用ください。

「PHPフィードバックカンファレンス」ダイジェストリポート

書籍

書籍『実践!フィードバック』

[著者]中原淳(立教大学 経営学部 教授)
[価格]1,760円(税込)
[仕様]A5判・並製
[内容]次世代の人材育成法「フィードバック」を、会話例やフレーズ、図・イラストを用いて徹底解説! はじめて部下を持つマネジャー必読!

書籍『フィードバック入門』

[著者]中原淳(立教大学 経営学部 教授)
[価格]957円(税込)
[仕様]新書判・並製
[内容]「フィードバック」の基礎理論から実践的ノウハウまでを余すことなく収録。読めば、成果が今一つあがらないという職場も、人が育ち、成果もあがる組織へと変身! 「フィードバック」の入門書にして決定版。

書籍『サーベイ・フィードバック入門』

[著者]中原淳(立教大学 経営学部 教授)
[価格]2,145円(税込)
[仕様]A5判・並製
[内容]勘・経験・思い込みに頼らず、データの力で部下と職場を立て直す! 最新科学に基づく「サーベイ・フィードバック型組織開発」の教科書。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

株式会社PHP研究所 第二事業普及本部
【西日本】〒601-8411 京都市南区西九条北ノ内町11 TEL.075-681-5419
【東日本】〒135-8137 東京都江東区豊洲5-6-52(NBF豊洲キャナルフロント) TEL.03-3520-9633

新着記事管理職(マネジメント)研修・教育

  • 部長研修 部長力強化コース(公開セミナー)
  • 部長・課長のための人間力強化コース(公開セミナー)
  • 課長研修 マネジメント革新コース(公開セミナー)
  • 係長研修 行動革新コース(公開セミナー)
  • PHPコーチング研修(公開セミナー)
  • 中原淳監修「フィードバック実践研修」(公開セミナー)