階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

課長研修 マネジメント革新コース

「与える」マネジメントから「引き出す」マネジメントへ

課長研修 マネジメント革新コース|公開セミナー・講座

実施要項

セミナー種類
公開セミナー
対象
課長職の方々(一つのまとまった組織を運営し、組織としての成果を最大化することが求められている方々)
定員
18名(1開催1社5名様まで)
期間
日帰り2日間
総学習時間
14.5時間
税込受講料
77,000円(本体70,000円)

※1 昼食、資料代含む
※2 「社員研修VA+」会員受講料は10%割引となります

会場
〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)

パンフレットを見る

研修のねらい

課長職(ミドルマネジメント・中級管理職)を対象とした公開型の研修セミナー。「与える」から「引き出す」へ、マネジメントを革新します。新任課長の昇格研修、既任課長のフォロー研修に好評です。

課長の役割

マネジメントがうまくいかない……。誰もがもつ悩みかもしれません。
でも、ちょっと待ってください! 現代の管理職の役割は、「与える」マネジメントではなく「引き出す」マネジメントです。このことを貴社の課長は忘れていませんか?
なんでもかんでも指示命令を出す課長。それでは、いつまでたっても疲弊するばかりで、部下が育ちません。業績も上がらず、職場のやる気はどんどん失われます。

松下幸之助


PHPゼミナールをはじめた松下幸之助(パナソニックグループ創業者)は、自身の成功要因を聞かれたとき、こんなふうに話しています。

私はずっと社長なり会長という職にありましたから、部下の人にいろいろ注意したり、時には「きみアカンやないか」とボロクソに叱りつけたことも少なくありません。けれどもそれは、社長とか会長といった職責においてやっていることで、個人として自分が偉いからしているわけではないのです。叱りとばしながらも、内心では「この人は自分より偉いな」と思っているわけです。そんな気持ちで人を使い部下に接してきたことが、これといったとりえのない私でも、多少とも商売に成功し、経営や人使いがうまいなどといわれるようになった原因ではないかと思うのです

人使いの名人といわれた松下幸之助。しかし、それはスキルやテクニックだけのことではありません。そこには部下の可能性を信じ、認める「人間観」があったのです。

マネジメントの条件


PHPゼミナールでは、部下と組織の力を「引き出す」マネジメントの条件を、次の3つと考えています。
(1)他を頼るのではなく自らの責任で課題を達成しようとする「使命感」
(2)部下や周りの意見に耳を傾ける「素直な心」
(3)部下の可能性を信じる「人間観」
これらはいずれも松下幸之助が大切にしてきたことです。なかでも肯定的な「人間観」は、マネジメント革新のキーポイントといえるでしょう。

「引き出す」マネジメントを実践する課長のもとには、部下の知恵が集まります。メンバーみんながやる気に満ち、成長し、組織が活性化します。
これが、私たちが目指す課長職の「マネジメント革新」です。

マネジメントの革新


[ご参加者の役職名]
課長、グループリーダー、リーダー、マネージャー、センター長、課長代理、チームリーダー、担当課長、次長、主事、支店長、係長

もっと詳しい資料請求はこちら
(PDFダウンロード)

法人限定!
じっさいに聴講したい方はこちら

開催日程・お申込みはこちら