階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

中堅社員研修 意識革新コース

主体性を発揮するための3つの条件と5つの力

中堅社員研修 意識革新コース|公開セミナー・講座

実施要項

セミナー種類
公開セミナー
対象
役付前社員の方々
定員
18名(1開催1社5名様まで)
期間
日帰り2日間
総学習時間
14.5時間
税込受講料
71,500円(本体65,000円)

※1 昼食、資料代含む
※2 「社員研修VA+」会員受講料は10%割引となります

会場
〈東京会場〉
PHP研究所 東京本部
(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口より徒歩7分)

〈京都会場〉
PHP研究所 京都本部
(JR・近鉄「京都」駅八条口より徒歩5分)

パンフレットを見る

研修のねらい

中堅社員を対象とした公開型の研修セミナー。リーダー予備軍として、主体性を発揮して仕事に取り組むための考え方を学び、自らの果たすべき役割の確認と実務能力の強化を図ります。自己革新が求められる役付前の方々の育成に好評です。

中堅社員の現状


管理職を目指してステップアップしてほしい中堅社員が、周囲の期待に応えられていない――そんな状況を耳にすると、人事教育担当としては不安になりますね。やる気が感じられない状態をそのままにしておくと、最悪の場合、離職につながるかもしれません。

PHPゼミナールをはじめた松下幸之助(パナソニックグループ創業者)は、仕事のやりがいを高めるためのスタンスとして「社員稼業」というコンセプトを提唱しました。
それは、自分を単なる一社員ではなく「社員という独立した事業を営む主人公であり経営者である」「自分は社員稼業の店主である」と考えてみるというものです。仕事の成果はすべて自分の責任。そのように主体的に仕事に向き合えば、成果を出すための知恵や工夫も湧いてきて、やりがい、働きがいが高まるでしょう。
職場の環境や仕事にも慣れ、日々忙しく過ごす中堅社員は、ともすると目標を見失い、「指示された仕事をなんとなくこなしている」という毎日になりがちです。しかし、次のステップは管理職。リーダー予備軍である中堅社員には、主体的に仕事をとらえるスタンスが求められているのです。



信頼感の獲得、仕事の意味の理解、ビジョンの明確化


中堅社員が主体性を発揮するためには、上記の「3つの条件」と「5つの力」が求められます。本研修では、この指標をもとに一人ひとりにこれまでをふりかえってもらい、自らの課題を抽出して今後の自己革新につなげていただきます。

やる気と使命感


また、本研修では、中堅社員のみなさんに
「誰のために、何のためにこの仕事をしているのか?」
「自らの仕事の意味は、どのようなものであるか?」
といったことを、とことん考えていただきます。
仕事の意味を正しく認識し、自らの立場・役割を再認識することは、やる気と使命感をもって主体的に仕事に向き合う態度へとつながっていくからです。異業種の受講生とのディスカッションが、より深い思考を促し、理解を深める手助けとなります。

キャリアビジョン


気力・体力の充実した中堅社員にとって、明確な目標と強い意志があれば、「なりたい姿」に近づくことは決して難しいことではありません。本研修では、以下の3つの観点からキャリアビジョンを描いていただきます。
1)私が大切にしたいこと(Want)
2)私の強み(Can)
3)私がするべきこと(Must)
時に目線を上げて、将来の夢や自らの人生を思い描くことは、主体的に生きる姿勢につながり、中堅社員をさらに一歩成長させてくれます。

「受け身の働き方」から「主体的な働き方」へ。
さあ、次代を担う中堅社員を育てましょう。貴社のご参加をお待ちしています。

もっと詳しい資料請求はこちら
(PDFダウンロード)

法人限定!
じっさいに聴講したい方はこちら

開催日程・お申込みはこちら