階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

HACCP導入のための一般的衛生管理プログラム

商品概要

法人様からのご注文のみ承ります

監修
[監修・解説]日佐和夫(イカリ消毒(株)技術本部長)
[取材協力]大成建設(株)・SMTC CO.,LTD.・ THAI AGRI FOODS PUBLIC CO.,LTD. ほか
税込価格
99,000円(本体価格 90,000円)
構成
DVD‐R 全3枚
収録時間
1枚20~30分

おすすめポイント

HACCPシステムを導入するためのポイントと、一般的衛生管理プログラムの運用ポイントを、企業事例などをもとにわかりやすく紹介!

食品の安全性確保のための管理手法、HACCPシステムは、FAO/WHO合同食品規格委員会においてガイドラインが示されて以後、各国の行政、企業で積極的に導入が進んでいます。我が国においても食品衛生法が改正され、HACCPの手法に基づいた総合衛生管理製造過程の承認制度が施行されました。
本DVDでは、各企業がHACCPシステムを導入するために、“まず何から取り組んでいけばよいのか”という観点から、一般的衛生管理プログラムを紹介しています。HACCPシステムの導入をすすめるステップとして、ぜひご活用ください。

動画データのご利用について

本DVDをご購入の方に限り、イントラネット等での配信に対応した動画データの提供を承ります。
(利用料金)DVDの販売価格+動画データ利用料(30~40万円程度・年間)
(納品形式)wmv または mp4
※ご希望の方は、お申し込みの際に備考欄にお書き添えいただくか、問い合わせフォームからご連絡ください。弊社から折り返しご連絡申し上げます。
※動画データの利用は1年間となります。1年間を超えて動画データを利用される場合は、更新手続きが必要です。お手数ですが弊社までお申し出ください。
※ご提供した動画データの配信は、一法人内のみとさせていただきます。
※詳しくは「社員教育DVD 動画データの配信利用のご案内」をご参照ください。

特長

◎まず自社の衛生管理レベルのチェックを!
HACCP導入の前に、一般的衛生管理プログラムを完全理解することで、自社の衛生管理レベルを把握し、今、何から着手すべきかをご検討いただけます。

◎先進的な事例映像で具体的な理解を!
全世界に食品の原材料を供給しているタイの食品工場や、HACCP対応工場の施工実績豊富な大手ゼネコンヘの取材事例から、一般的衛生管理プログラムの運用ポイントを具体的に学ぶことができます。

◎HACCPシステムの効果的、効率的な導入を!
HACCPと一般的衛生管理プログラムの関係、双方の効果的運用法を理解することで、HACCPの合理的導入と全社的衛生管理レベルの向上を促進できます。

<HACCPとは?>
HACCPとはHazard Analysis Critical Control Pointの頭文字で、一般に危害分析重要管理点方式と訳されている。その特徴は、品質の保証を従来のように最終の製品検査に依存するのではなく、原材料、副原材料、製造工程等の各段階で予想される危害(Hazard)とそれに伴う重要管理点(CCP)を特定し、プロセス管理の徹底により危害を未然防止しようという点にある。

<一般的衛生管理プログラムとは?>
我が国では食品衛生法の改正により、HACCPシステムを基礎におく総合衛生管理製造過程の承認制度が施行されたが、そこではHACCP導入の前提条件として一般的衛生管理プログラムを求めている。これは原則的にモニタリングと改善措置を必要とするCCP以外の管理事項(例えば施設、設備の衛生維持、管理、従業員の衛生教育等の一般的管理事項)を整備するためのプログラムであり、HACCPシステムの効果をより高めるための必須要件とされている。

備考

個人での注文をご希望の場合はこちらからお問合せください。

(おことわり)
このDVD-Rは、既刊のビデオ作品をDVD-VIDEOフォーマットで記録したものです。ビデオ全編をそのまま記録しておりますので、メニュー画面やチャプターごとの選択視聴・頭だし機能はございませんので、予めご了承ください。
弊社発行のDVD-Video作品(DVD-R含む)は、DVD-Video規格(フォーマット)に基づいて制作されております。DVD-Video規格に対応した再生機(DVDプレーヤー)で視聴してください。
注)パソコンで再生される場合は、DVD再生ソフトによって正常に動作しない場合がございます。あらかじめDVD再生ソフトがDVD-Video規格に対応していることをご確認の上、ご視聴ください。

収録内容

ポイント解説[HACCP]導入の前提条件(収録時間約30分)

HACCP導入のためには一般的衛生管理プログラムの推進が不可欠です。Disc1では一般的衛生管理プログラムとは何かを概説し、具体的に何を整備していけばよいのか、HACCPシステムとの関連上、留意しておくべきポイントは何かを紹介します。

●HACCPと一般的衛生管理プログラムの関係
●GMP(適正製造基準)とは何か
●SSOP(衛生標準作業手順書)とは何か
●文書化、記録の重要性とポイント

HACCP(危害分析重要管理点)
Hazard Analysis Critical Control Point

事例でわかる[GMP]製造環境の整備(収録時間約28分)

Disc2では一般的衛生管理プログラムの中でも、製造環境に関わる施設、設備、機械、機器等の“ハード面”を中心に、衛生管理上、整備すべきポイントを事例を通して解説します。

●HACCPとGMP
●工場施設の衛生的設計(食品工場の相互汚染防止のポイント等)
●施設増改築の留意点
●設備・機械・機器の衛生管理

GMP(適正製造基準)
Good Manufacturing Practices

事例でわかる[SSOP]衛生標準作業手順の整備(収録時間約20分)

衛生に関する作業手順(SSOP)の整備はHACCPシステム導入にあたって、その成否を左右する極めて重要なファクターであり、食品工場にとっては急務といえます。Disc3では、衛生作業に従事する“人”“ソフト面”に着眼し、SSOP作成、実施のポイントを事例を通して紹介していきます。

●SSOPの目的と確立のステップ
●SSOPの実際
 ・従業員の衛生、健康管理について
 ・洗浄、消毒作業について
●SSOP作成上の留意点

SSOP(衛生標準作業手順書)
Sanitation Standard Operating Procedures

購入する

DVDビデオ教材一覧