階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

部長の立場、機能、3つの役割

2022年2月 7日更新

部長の立場、機能、3つの役割

複雑性・多様性を増す環境の中では、どんなに優秀な経営者であっても一人で組織を牽引することは困難です。したがって、各部門のリーダーたちが「部門経営者」意識をもって仕事を進め、その総和として全社の経営が前に進む状態が理想なのです。本稿では、部門経営を支える部長の立場、機能、役割について考えてみたいと思います。

INDEX

部長の立場

他の役職と比較して特徴的な、部長職固有の立場として以下のような項目があります。

社員(役員以外)の中で最高の地位・立場

部下を預かる責任と権限(指示命令権)は社員の中で最も重く、また、会社全体を視野に入れた発想、すなわち経営者意識に立った行動が求められる立場に立っています

経営トップの代行者、分身

経営理念やトップ方針を理解して実践すると同時に、全社目標の一部を分担し、その達成の責任の一端を負う立場とも言えます

部門の最高責任者、意思決定者

全社方針・部門方針を部内に徹底するとともに、マネジメントとリーダーシップを使い分け、業績向上と将来への布石を行う立場に立っています

部長職の主な仕事と機能

部長職の取り組むべき主な仕事を列挙すると以下のように非常に多岐にわたります。そして、それらを目的別に整理しカテゴライズすると、発揮すべき機能が明らかになります。

業務遂行機能

・部門の日常活動の統括管理
・業績管理
・管轄する経営資源(人、モノ、カネ、時間、情報、など)の有効活用

維持・管理機能

・全社方針、経営トップの意思(ミッション、目標、方針など)の部内徹底
・自らの意思としての部門のビジョン、方針の策定と徹底
・社内他部門、社外関係者との連携、調整
・コンプライアンスマネジメント
・部門の活性化、人材育成

変革・創造機能

・来期以降に向けての戦略、及び計画の立案
・変革、改善活動
・新しいアイデアの汲み上げ、創出

部長の影響力

部長が自分の立場を正しく認識せず、役割を理解していなかったり、役割遂行が不十分な状態であったりすると、どうなるでしょうか。まず、部を構成する組織とメンバーが方向性を見失い、ばらばらになって機能不全に陥るでしょう。そして、一つの部が「病気」になれば、その病状は必ず他の部にも伝播します。やがて会社全体が健康状態を損ね、事業活動を推進する力が低下してしまいます。この状況が続けば、いずれ組織の生存が危ぶまれるのは明らかです。
ことほどさように、全社的な観点に立てば、部門経営者である部長の影響力はとても大きいことがわかります。

部長の役割

では、部長が果たすべき役割とはどのようなものでしょうか。具体的に列挙すればたくさんの項目が出てきますが、それらを大別すると以下の3つに集約されるでしょう。

(1)成果を上げること

会社を存続させる大前提は、活動資金となる利益を確保することです。従って各部においても、利益創出につながる成果を上げることが大命題であり、その責務を果たすのが部長の役割です。
ただし、ここでいう成果とは、短期的視点のものではなく、中長期の視点に立った成果のことです。つまり、3~5年先を見据え、将来の成果につながるような仕掛けや仕込みを行うのが部長の仕事なのです。「今月の成果をどうする」「今期の対策をどうする」といった、目先のマネジメントは課長以下のメンバーに任せるべきです。

(2)組織を強化すること

安全でおいしい農作物を収穫するためには、良質な土壌をつくり、不断の手入れを通じてその状態を維持しなければなりません。同じように経営活動で成果を獲得するためには、それを生み出す土壌ともいえる組織を強くする必要があります。
強い組織とは、メンバーのやる気と主体性が高く、日々の仕事を通じて成長が図られ、共通の目的に向かって前進し続けているような組織を指します。組織を強くするために、部長はビジョンを語り、メンバーを巻き込むとともに、密な対話を通じて関係の質を高めなければいけません。時間と労力がかかりますが、これこそが部長の仕事なのだと覚悟を決めてやり続けることが大切です。

(3)新しい価値を生み出すこと

「人の手によるものはすべて陳腐化する」というドラッカーのことばがありますが、変化の激しい時代、そのことばの重みが増しています。現状で、最善の仕組みや商品をつくったとしても、数カ月も経てば陳腐化していることが往々にしてあります。したがって、部長は「多・長・根」(=多角的、長期的、根本的)の視点から、現状の組織や仕事の仕方を見直し、新しい価値を生み出すために必要な改革の手を打たなければいけません。それは、目先の業務処理に追われている課長職以下のメンバーにはできない仕事、つまり部長がやらないといけない仕事なのです。

部長は「大課長」ではない

部長職対象の研修で、ご受講者の話に耳を傾けていると、「目先の業務処理に追われ、考えるゆとりがない」という類の発言がよく出てきます。そうした発言を聴くたびに、肩書は部長であっても実態は「大課長」というプレイングマネジャーになっている方が多い印象を受けます。
すでに述べたとおり、部長職は部門経営者なので「オペレーション」(目先の仕事)に没頭するのではなく、「経営」をしなければいけません。経営とは、具体的には、自社の強みと市場のニーズ・シーズのマッチングを考え抜き、中長期のビジョンを確立し、組織内に周知徹底することです。
部長が現場の最前線で走り回ることを否定はしませんが、立ち止まって考える時間を確保することがもっと大切です。そのためには、日々の予定を見直し、毎日〇〇時~〇〇時は「経営を考える時間」として、スケジューリングに落とし込み、ほかの仕事が入らないようしてしまうのも一つのアイデアです。行動を変えることで意識も変わり、本来の役割を担いきる部長へと進化できるでしょう。

PHP公開セミナー「部長研修」はこちら

管理職(マネジメント)研修・教育TOPへ

的場正晃(まとば・まさあき)
PHP研究所人材開発企画部部長
1990年、慶應義塾大学商学部卒業。同年PHP研究所入社、研修局に配属。以後、一貫して研修事業に携わり、普及、企画、プログラム開発、講師活動に従事。2003年神戸大学大学院経営学研究科でミッション経営の研究を行ないMBA取得。中小企業診断士。

新着記事管理職(マネジメント)研修・教育

  • 部長研修 部長力強化コース(公開セミナー)
  • 部長・課長のための人間力強化コース(公開セミナー)
  • 課長研修 マネジメント革新コース(公開セミナー)
  • 係長研修 行動革新コース(公開セミナー)
  • PHPコーチング研修(公開セミナー)
  • 中原淳監修「フィードバック実践研修」(公開セミナー)