階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

エグゼクティブコーチングとは? 実施する効果や一般的な流れを解説

2022年7月11日更新

エグゼクティブコーチングとは? 実施する効果や一般的な流れを解説

経営者は、組織のトップに立つ責任ある立場です。そのため、周りに仕事の悩みを相談しづらく、孤独を感じる方も少なくありません。そこで今注目されているのが、エグゼクティブコーチングです。今回は、エグゼクティブコーチングの概要を解説します。

INDEX

経営者向けエグゼクティブコーチングとは

エグゼクティブコーチングとは、社長や取締役などの経営層を対象にしたコーチングのことです。意思決定の質の向上、経営層の意識変革や行動変革、経営幹部候補者の育成などを目的としています。
将来の予測が困難で不確実なVUCAの時代において、経営者には、自社の現状を把握しつつ、事業を取り巻く環境を見極めながら、瞬時に経営判断をすることが求められます。また、時代の変化に追いつくためには、経営に対する自らの信念をよりどころにしつつも、変えるべきものを変え、内省を通じて学び、経営者自身が成長を続けていくことが必要です。
企業の存続に関して経営者の責任は重大であり、抱える課題は、その重要度が高いほど、相談できる相手も少なくなります。
そこで必要とされるのが、経営者の課題解決に向けて伴走するコーチです。

エグゼクティブコーチングでは、経験豊かで卓越した技術をもつコーチが、コミュニケーション・プロセスを通じて経営者の課題解決に伴走し、正しい意思決定と経営ができるようにサポートします。

ビジネスコーチングとの違い

このように、エグゼクティブコーチングは、対象や内容、コーチに求められる資質などが、企業における一般的なビジネスコーチングとは大きく異なります。

ビジネスコーチングについて詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。
参考記事:ビジネスコーチングとは? コーチングとの違いや目的、メリットを紹介

エグゼクティブコーチングの3つの特徴

エグゼクティブコーチングの3つの特徴

経営者を対象にしたエグゼクティブコーチングは、一度実施したからといってその人の抱える悩みや課題をすぐに解決できるわけではありません。経営者は会社にとって重要かつ困難な課題を抱えているため、長期的な視点でエグゼクティブコーチングを実施していくことが大切です。
エグゼクティブコーチングの特徴には、次のようなものが挙げられます。

  • 実施期間は6~12ヵ月程度
  • 実施形式は1対1が基本
  • 実施テーマは経営に焦点を絞る

それぞれの特徴を確認していきましょう。

1.実施期間は6~12ヵ月程度

エグゼクティブコーチングは、月に1〜2回の頻度で6〜12ヵ月程度実施するのが一般的です。時間は1回あたり60〜90分程度で、コーチのリードによって、課題や、それに対するゴール設定、次に取るべき行動などに経営者自身が気づいていきます。エグゼクティブコーチングの実施期間に決まりはありませんが、長い場合は10年以上継続する事例もあるようです。

2.実施形式は1対1が基本

エグゼクティブコーチングの実施形式は、経営者とコーチによる1対1のコーチングが基本です。近年は対面によるコーチングだけではなく、オンラインコーチングを実施することもあります。オンラインコーチングであれば場所を問わないため、多忙な経営者でもスケジュールを調整しやすいでしょう。

また1対1のコーチングの前に、4〜6名の経営者を対象にしたグループコーチングを実施する場合もあります。グループコーチングでは、他者の考え方や価値観に触れ、刺激を受けたり、課題解決のヒントが得られたりというメリットがあります。

3.実施テーマは経営に焦点を絞る

エグゼクティブコーチングの実施テーマは、経営に焦点を絞るのが基本です。たとえば、経営戦略の立案や意思決定、経営幹部候補の育成などがあります。ただし、プライベートな悩みが業務に支障をきたしている場合は、それをテーマとして扱っても良いでしょう。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」はこちら

エグゼクティブコーチングの3つの目的

エグゼクティブコーチングを実施する目的には、次のようなものが挙げられます。

  • 経営者の良き相談相手をつくる
  • 経営幹部候補者を育成する
  • 経営者の精神状態を安定させる

それぞれの目的を確認していきましょう。

1.経営者の良き相談相手をつくる

社運を左右する重要な判断を迫られる経営者ですが、判断に迷ったときに相談できる相手がいないことも少なくありません。また第三者に悩みや課題を相談する際は、自社に関する機密情報が外部に漏れるリスクを考える必要があります。
しかし、経営者が誰にも相談できず不安や疑問を抱えたまま重要な判断を下してしまうと、良くない結果をもたらす危険性もあります。

エグゼクティブコーチングでは、守秘義務があるコーチが相談相手になるため、情報漏洩などの心配をすることなく、課題解決に向けて考えを深めることができます。

2.経営幹部候補者を育成する

エグゼクティブコーチングは、現経営者だけではなく、会社の将来を担う経営幹部候補者にも有効です。経営者・経営幹部は、社会環境や市場動向を大局的に見て、ビジネスにおける視座を高めなければなりません。
その点、プロのコーチは、経営者の考え方や思考プロセスを熟知しています。経験豊富なコーチの導きによって、一つ上の階層を意識した行動計画を立てたり、思考力を養うことができるようになります。

3.経営者の精神状態を安定させる

経営者は、大きなプレッシャーを感じていることも多いものです。精神的に不安定な状態であれば、決断が迫られる場面で適切に判断ができないこともあるかもしれません。
エグゼクティブコーチングを受けることで、経営者の悩みや課題が整理され、次の打ち手が明確になると、不安が軽減されます。前向きな変化がもたらされ、良好な精神状態を維持できます。

エグゼクティブコーチングの効果についてさらに知りたい方は、こちらをご覧ください。
参考記事:エグゼクティブコーチングの効果とは? 適したコーチの選び方をご紹介

エグゼクティブコーチングの料金

エグゼクティブコーチングの料金

エグゼクティブコーチングの料金相場は、1回1時間あたり3~10万円ほどと幅があります。経営者を対象にしたコーチングでは、扱うテーマが高度であること、能力の高いコーチをアサインする必要があることなどから、一般的なコーチングよりも料金が高く設定されています。

エグゼクティブコーチングの流れ

エグゼクティブコーチングは、経営者や経営幹部候補者に多くの効果をもたらしてくれます。
どのような流れで進めるのかを見ていきましょう。

  • 意思確認と事前ヒアリングを実施する
  • 優秀なコーチを選定する
  • エグゼクティブコーチングを実施する
  • エグゼクティブコーチングを振り返る

1.意思確認と事前ヒアリングを実施する

エグゼクティブコーチングは、経営者自身の意思が重要です。コーチングを受け入れる気持ちがないと、いくら優秀なコーチが担当したとしてもその効果は期待できません。
エグゼクティブコーチングを受けることでどんな変化をもたらしたいのか、目的を事前に明らかにしておくと良いでしょう。
目的やゴールを事前に自分自身で確認し、コーチに伝えておくとスムーズです。

優秀なコーチを選定する

エグゼクティブコーチングに適した優秀なコーチを選定します。一般的なコーチングよりも高度な内容を扱うため、専門のトレーニングを受けた経験豊富なコーチを探しましょう。相性やビジネスの専門領域などを考慮しながら選ぶことが大切です。
しかし、実際にエグゼクティブコーチングを受けるのは経営者本人であるため、会社として契約する場合であっても、本人の承諾なしにコーチを選定するのは良くないでしょう。ミスマッチを防ぐためにも、最終的に本人の確認を経てから契約することが大切です。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」では、「PHPビジネスコーチ養成講座」の修了生1,200名のうち、トップ30にランクされる「PHP認定エグゼクティブ・コーチ」が、卓越したスキルを駆使しながら、深い気づきを提供します。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」はこちら

エグゼクティブコーチングを実施する

次に、実際にエグゼクティブコーチングを実施します。コーチとの信頼関係を築くために、心を開いて対話します。コーチも、経営者の様子を見ながら話すテーマや時間などリードしていきます。
成果獲得をいきなり目指すのではなく、ゴールまでに達成すべきことを経営者と共に確認しながら、無理なく進めていきます。

エグゼクティブコーチングを振り返る

エグゼクティブコーチングが終了したら、成果の確認と振り返りをします。エグゼクティブコーチングを依頼した会社によっては、成果を報告するレポートを提出してくれることもあります。
また経営者が期間中に当初の目標を達成できたとしても、定着するまでに時間がかかることも少なくありません。場合によってはエグゼクティブコーチングを継続したり、しばらくは経営者が支援を受けられる環境を整えておきましょう。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」はこちら

経営者/幹部育成TOPへ

新着記事経営者/幹部育成